過去の活動報告(2011〜2012年)

(川?晃生会長)

 カルヤン・バネルジーRI会長は「こころの中を見つめよう 博愛を広げるために」テーマと共に、大澤 ?平カバナーは「笑顔で握手・とりもどそう友愛の輪を」掲げられました。
私の今年度のクラブ運営方針は、

1)ロータリーを楽しんで、例会を楽しんで、そして魅力ある例会に、
2)人と人との繋がりを大事に、
3)出席率の向上と会員増強を掲げて、先輩の築いて来られたロータリーに加え、新しいロータリーの魅力を考え挑戦いたしました。

奉仕活動は、

  1. 3月11日東日本に大震災・大津波・原発事故があり、未曾有の大災害があったことで昨年度から奉仕活動等を自粛して義援金に回すことと致しました。
    継続支援をするということで気仙沼RCに、会長、幹事で現地へ視察を兼ねて見舞金を持参してまいりました。
  2. 震災の被災孤児に対しても支援させて頂こうということで、桃・柿育英会へクラブ独自のライラ活動をとりやめて、その活動費を支援いたしました。
  3. 福島の原発事故があり、改めて原発について勉強する意味で、熊取にあります原子燃料工業さんを企業訪問致しました。
  4. 青少年長期交換留学生、アメリカのケリー・オハンランを受け入れを致しました。
  5. クラブ独自のコスモス奨学会から、中国の留学生劉さんに対して奨学金を支給し支援をしております。
  6. 台北松山RCの21周年式典に10名参加し、祝宴の際小生下手な踊りをお見せし友好を深めることが出来ました。
    WCSの支援でも、視覚障害者における生活訓練用の施設を支援いたしてまいりました。
  7. 継続支援でソロモン諸島の子供へ教育的支援にWCSを使い和歌山アゼリアRCさんと行いました。
  8. 米山奨学生(桃山学院大学法学部4回生)の呉佳雋君を受け入れお世話をしております。
  9. 元コスモス奨学生の中浜彩香さんが岸和田産業高校の教員に採用されました。
  10. 昨年度の実績に伴い、地区より「100%財団の友」で表彰されました。

親睦活動は、

  1. 忘年家族例会は、天満天神繁昌亭で始めての落語の鑑賞をいたしました。
  2. 春の家族例会は、滋賀県近江八幡に行き一日親睦を深めることが出来ました。
  3. 最終家族例会は、りんくうゲートに於いて行われ、大勢の会員そして家族、奨学生、留学生家族が参加して楽しく終えることが出来ました。
  4. コスモス会の遠征ゴルフで鹿児島に行ってきました、楽しい一泊二日の旅行でした。

また、SAAの方には例会の充実に力を注いで頂く一方、納涼家族例会、夜間家族例会等の親睦に力を注いで頂きました。

 

[1994-1995][1995-1996][1996-1997][1997-1998]
[1998-1999][1999-2000][2000-2001][2001-2002]
[2002-2003][2003-2004][2004-2005][2005-2006]
[2006-2007][2007-2008][2008-2009][2009-2010]
[2010-2011][2011-2012][2012-2013][2013-2014]
 [2014-2015][2015-2016][2016-2017]

-Menu-


inserted by FC2 system