過去の活動報告(2019~2020年) 

(田端隆彦会長)

【クラブ運営方針】

今年度のクラブ運営方針を『地域と会員そして家族にとって素晴らしいクラブであり続けるために』としました。その方針に則り、会員のみならず、ご家族および地域からも愛されるロータリークラブとなれるよう、日々の奉仕活動を実践してまいりました。

【会長報告】

例会時に、月毎にテーマを決めて「健康」に関する情報を発信しました。「健康」とは、身体的、経済的、社会的そして精神的にも満たされた状態であると世界保健機関により定義されています。会員各位はもとより、そのご家族の“かけがえのない健康”の維持増進の一助になればと思い、会長報告の中で健康に関する話題を発信しました。

 7月「風疹について」 8月「熱中症について」 9月「心とからだの健康推進月間」                 10月「肺炎について」 11月「高血圧について」 12月「インフルエンザについて」                1月「アブラの新常識について」 2月「心不全について」 3月「不眠症について」                 4月~5月コロナ禍のため休会  6月「肥満と減塩について」       =合計31回

【創立25周年記念事業】

2019年9月7日、スターゲイトホテル関西エアポートにおいて清原定太郎実行委員長の下、盛大に創立25周年記念式典を開催することができました。また記念事業として貝塚市文化振興事業団へ「みんなのピアノ」を寄贈し、コスモスシアター内に設置しました。今後、イベント等の定期開催を通じこのピアノの認知度を高めながら、市民の皆さんに誰でもいつでも弾いていただけるような環境を整えていくことが課題であります。そして友好クラブの和歌山アゼリアロータリークラブさんが長年続けられている「ワンワン基金」へ盲導犬育成金の寄贈をさせていただきました。

【奉仕活動】

・「社会奉仕」奥貝塚ゆったりフェスタ(11月4日 農業庭園たわわ)に参加し86名の方に血管年齢測定や無料健康相談を西上幹事及び医師会の協力を得て実施しました。

・「職業奉仕」広島・呉方面へ職業奉仕研修旅行に行きました。(1月26、27日)江田島での旧海軍兵学校の視察、呉湾での艦船巡りツアーへの参加、そして2つの世界遺産、宮島厳島神社と原爆ドームを見学後、広島中央ロータリークラブの例会へメークアップ参加しました。地区を超えて親睦を図ることができたことも意義深い研修旅行となりました。

・「社会奉仕」貝塚市内にある海岸寺跡地遺構を整備することにより、地域の子供たちや人々が集える場所を確保しました。今後、海岸寺遺構の歴史を学べる場所として、設置されている歌碑やその歴史の伝承が期待されます。(地区補助金受給)

・「青少年奉仕」当クラブは将来を担う青少年の健全な育成をサポートしています。今年度は米山記念奨学生の劉偑(リュウヒ)さんをカウンセラーの木下保会員を中心にお世話しました。彼女は中国出身で、大阪体育大学大学院修士課程を無事修了されました。今年度はコロナ禍のため地区主催の終了式が中止となったためクラブ内で終了式を実施しました。(3月26日)

【緊急事態宣言(コロナ禍)への対応】

・4月6日から5月27日までの例会を休会としました。休会中はグループLINEを活用し会員間の情報交換を頻繁に行いました。

・4月度5月度の理事会は書面開催としました。定款に「理事会決議省略条項」を定め、理事全員が書面や電子メール等により同意した事項については、理事会決議があったものとすることができるよう変更しました。

・事務局員は原則在宅勤務をしてもらいました。(グループLINEにも参加)

・6月3日からは緊急事態宣言の解除を受けて、通常通り例会を実施しました。

 

[1994-1995][1995-1996][1996-1997][1997-1998]
[1998-1999][1999-2000][2000-2001][2001-2002]
[2002-2003][2003-2004][2004-2005][2005-2006]
[2006-2007][2007-2008][2008-2009][2009-2010]
[2010-2011][2011-2012][2012-2013][2013-2014]
[2014-2015][2015-2016][2016-2017][2017-2018]
[2018-2019]

-Menu-


inserted by FC2 system